May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学病院のERのお世話になってしまいました。



今までのことがストレスとなって体調に現われたのでしょうか?



先日、動悸が止まらなかったんです。1日中。

10分に1度はドクンって心臓の鼓動が聞こえた。

(てか、今はそこまで頻繁じゃなくなりましたが・・・・)



Mayは家で様子でも見よう。。って思っていたのですが

仕事場にいたオッパは

今すぐにでも病院へ電話して!!って。


うーん・・・・



とりあえず、海外で病院。。。

となると、ビビりなMayは

夕方頃、日本人の先生がいるクリニック

に電話しました。



すると、先生が、

なんか穏やかじゃないので

大学病院のERへ今すぐ、タクシー使って行きなさい。




えぇええ・・・・・今すぐってことは、1人で?!

いやああああああ。それは勘弁して!!!

せめて、オッパが・・オッパが帰ってくるまでは。。。

と心の中で叫んでいたのがまる聞こえ?



先生は

今の時間からどんどんERは込み始めるから、

彼の仕事が終わるのを待たないで、あっちで落ち合いなさい。

英語が不安なら、通訳のサービスもあるから、

「インタープリター プリーズ(通訳お願いします)」って言えば大丈夫。

とにかく今からすぐ準備して!



ハ・ハイ・・


なんだかとっても男らしい女医の先生からのお言葉でした。




電話を切った途端、


1人で大学病院の緊急外来へ行かなきゃいけない事実に

1人で撃沈しました。



オッパから電話がかかってきて

その女医の先生から全部説明を受けたらしく

全て知っていました。



・・・・じゃ・・・

今からタクシーで行ってくるから。。。



うん、僕も仕事終わったらすぐに向うから。


内心、仕事終わったらじゃなくて、今すぐ来てよ!って思った。爆



家の目の前からタクシー拾って15分。



到着すると、インドメーションデスクがあった。


何も説明せず、女医の先生が言った通り、


「インタープリター プリーズ」


と言った。



これが、アメリカに6年もいた人の言う言葉か?!

自分で言って笑いそうになった。



おばさんは日本語通訳の電話サービスに電話をかけ始めた。



ただ、日本語通訳の電話サービスを頼むためには、

自分で電話上で頼まなきゃいけなかった。

電話が繋がると、そこは英語。




とりあえず、電話に出た人は全部英語で質問してきた。


あなた、患者?それともスタッフ?


まだ患者でもないし、スタッフでもない。。。


スタッフと話さなきゃいけないから、代わってくれる?



ちっ・・・・じゃあ初めからスタッフが話せばいいのに。。って思った。



あの・・・、なんか、電話のおばさんが、

スタッフに代わってって言ってます。






インフォデスクのおばさんが電話を切ると、

あなた患者じゃないの?

うん。まだ患者じゃない。

具合が悪いから診察してほしいんです。




おばさんは、たまげた顔でMayを見た。


あら!ERにきたのね。

通訳は、先生との問診の時なのよ。



恥恥恥!!!


もう、この時のMayは、顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。



じゃあ、この道まっすぐいって、~~~~


と、ERまでの道を説明された。




は。はずかしかった・・・・


たしかに・・・・医療用語なんて関係ないインフォデスクでの会話くらい、

通訳なしで言えよ・・・ってことですよね。。。



海外の病院=思考能力停止


・・・・に陥っていたMayは、

恥ずかしさと共にトボトボと長い廊下を歩き、

エレベーターを使ってERまで辿り着きました。


つづく。






コメント

Mayさん大丈夫ですか??
やっぱり心身ともにダメージを受けてたんですね。。。
私もAUSにいた頃は、日本人ドクターのいる病院に行ってました!
ただ、一度だけ地元の病院に行かないといけなくなって、
診察室で、電話で通訳さんを通して三者通話したことあります^^
あれはあれで、イイ経験でしたね!(笑)
とにかく、なんともないことを祈ります・・・。
2010/08/06(金) 08:44:46 | URL | sacco #-[ 編集]
saccoさんへ☆

ご心配ありがとうございます。
saccoさんもAUSで地元の病院をご経験なさったんですね。
なんだか、変に緊張しちゃいますよね。
私も、たかが心電図測るだけでもドキドキしちゃいました。
このドクンってやつが、
早く消えて普通の体調に戻りたいです。
というか・・・・早く日本に帰りたいです(爆)

2010/08/06(金) 11:27:25 | URL | May #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anzjam1.blog59.fc2.com/tb.php/314-c0c1aae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。