May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月収4万円の弁護士

月収18万円のウェイトレス。


オッパはMayの収入は使わないように。とMayに忠告した。


Mayに働かせたお金を生活費に充てるなんて、オッパとすればプライドが許さなかったのでしょうか。


オッパは韓国で稼いだ貯金を使いながら、Mayの収入には手をつけなかった。



それでも、いつか何かあった時、

このお金はどこかで役に立つ。と思いずっとMayも働き続け貯金していきました。


Mayも働きに出ることで、そこで出会う日本人の方たちから色々なお役立ち情報も聞けたり、

良い意味で気晴らしにもなりました。




新しい生活もだんだん慣れてきたところに、

オッパの仕事先の社長と奥様はある元社員の悪口を言っていたらしく、

その名前を聞いて更にビックリ。

ニュージーの大学時代のオッパの後輩だったんです。


オッパの後輩は今はオーストラリアの検察官として働いているのですが、

その前はここでお世話になっていたと。。。



さっそくオッパは後輩の連絡先を聞いて久しぶりに会うことになりました。

すると、また別のオッパの後輩も近くで働いているらしく、同じ大学の後輩と3人で夕飯を食べに行きました。

偶然なのでしょうか、その3人は一緒にニューヨーク司法試験を受験した仲間でした。


やはり、ニュージーでは仕事が無いらしく、みんなオーストラリアに移住してきたみたいです。




オッパの後輩から話を色々聞くと、

今オッパが働いている会社の社長は

月給4万から3ヶ月後に24万。。。っていうのはただの口実だ。ということなんです。

能力を見て3ヶ月後24万になる。。というのは、あくまで「能力をみて」なんです。

社長が、まだまだだ。。といえば、給料はそのまま。。。。


オッパの後輩はニュージーからやってきて、オーストラリアでの経験が無いためにオッパと同様、

この会社に月4万で雇われていたらしいですが、結局、何カ月経っても給料が上がることはなく、

結局、社長と大きな言い争いになり、この会社を辞め、公務員である検察官になった。。という話でした。



オッパもMayも驚きを隠せませんでした。

その後輩が本当に能力が無かったんじゃないの?って疑いもしました。

でも、能力がなければ、国家を法で守る検察官になんてなれない。



後になってわかった事ですが、ここの会社は、経験の無い弁護士を低賃金で雇い、短期間だけでいいから

その間に仕事をやるだけやってもらう。。。という方針の社長だったらしいです。

その後も、月4万円という破格の給料で経験のない弁護士を雇い続け、

辞めるとまた他の若手弁護士を雇い。。。と繰り返しやっているようです。

仕事の依頼もあまりなかったようで、暇な時間が多かった。。。とオッパは言っていました。



それでも、今は仕事を辞められない。

辞めるなら、次の仕事を見つけてからじゃないと。。。。と苦しい思いで、その会社にいながら

転職先を探そうとしていた矢先でした。



ある韓国人経営者の法律事務所から電話をいただいたのです。











コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anzjam1.blog59.fc2.com/tb.php/291-af805883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。