May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。

前回→1人の時間



翌日、オッパが仕事が終わり

約束通り電話がきました。



May。。。

この数日間、僕が病気なんじゃないかとか、隠し事があるんじゃないかって、

辛い時間を過ごさせてごめん。

本当の事を話してほしい。ってメールにあったけど、

今まで僕がMayに伝えてきたことが真実なんだ。

何も隠していないし、今まで一緒にいた中で

Mayに嘘をついたことは1度もない。

これだけは自分が誇れることなんだ。








韓国に来てから今まで、オッパ、全然、人と会ったりしてなかったけど、

それもさ、Mayは今思えば不思議だよ。

普通にさ、会社の仲の良い同僚と食事したりするのって、

それが男でも女でも、普通のことなんだよ? そういうこと、今まで何度かはあったでしょ?



肯定的に言ってみた。


ないよ。韓国にきてすぐに働き始めて朝から深夜まで働いて

親友と会う時間すらなかったのは

May、知ってるでしょ?

友達であろうが同僚であろうが、

それが男であろうが、女であろうが、

僕が出かけるときは、いつもMayに言うよ?

同僚との食事はみんな別々だし、時々一緒に食べても、

男性同士で食べてるよ。女性社員は女性同士で食べたり、

会社にいる白人社員ばかり追いかけてる。

休みの日だって、

キックボクシングと会計士と日本語の勉強と

Mayと時間を過ごしていることしかしていないよね?




・・・・知ってるよ・・・

って心の中で思った。


敢えて、人と会ってた。。。って言うのなら、

それはキックボクシングでのメンバーとジム内で話したり

一緒にエクセサイズしたり、本当に外ではそこしか人との関わりがなかった。




Mayがまだ疑ってると思ったのでしょう。



そんなに疑っても、Mayが疑ってるようなことは何も出てこないよ。

今回行く時でも、来月来るときでも、10月過ぎに住むときに

全てチェックすればいいじゃん。




Mayはこんな風に言われて

思わず電話で泣いてしまいました。



今まで1年7か月、一緒に遠距離してきて

疑ったことなんて1度もなかった。

Mayは正直、鈍感じゃない。

それでも、くだらないことで喧嘩はあっても、

信用だけはお互い強くあって、常にお互いの事を思いやりながら

過ごしてきたからこそ、本当に「怪しい」とか「嘘っぽい」っていう感情は

一度もわき出てこなかった。


それなのに、オッパから、

そんなに疑うなら、チェックしていいよ。と言われ、

すごく悲しくなった。



疑いも少しはあったけど、

やっぱり脳の異常の方が心配で

オッパに言うと、傷つくかもしれないから

1人でウェブサイトで色々と調べたり

1人でショック受けたり・・・・




でも、1人でネットで調べてたこと、オッパに言えなかった。

恋人が1人で異常ばかり疑って、勝手に結論付けられて、

正直、Mayだったら嫌だ。






調べながら、涙が出そうになったけど、

もちろん、本当に異常があったとしても、

Mayは全てを受け止め、

それでもオッパと一緒に生きていく覚悟なんて

簡単にできた。覚悟なんていう堅苦しいものでもなかった。




でも、それでも、Mayはオッパの隠し事を疑ってるように聞こえても、

ごめんね、うそついちゃった。」って言葉をどこかで期待してた。


その方が何百倍もホッとする。


疑っているように聞こえるまで

こだわった理由。。。


忘れていく病気が若い人にもあるって知って

怖かったんです。





それで、本気で疑ってるように聞こえてしまったのかもね。。






つづく・・・・


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anzjam1.blog59.fc2.com/tb.php/273-49316da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。