May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰でもそうかもしれないけれど

何か心配事があったり、1つの事に集中していると

他のことが考えられなくなったり、

一瞬、少し前に何をしたかとか思い出すのに時間がかかったりすることってあるけれど

これ、オッパの場合、すごい重症なんです。


出会った当初から気づいてはいたけれど

ケンカしたり、関係が壊れそうな時とか、逆に、重大な仕事とか目の前にあると

オッパは他のことが本当に考えられなくなってしまう。




先日、オッパと2人で楽しく話していた時

オッパが

じゃあ、ごはん食べた後、床屋に行ってくるね。
お父さんが、なんか後ろ髪が乱れてるっていうからさ。


と言ったんです。



Mayは耳を疑いました。


え?!なんで床屋に行くの?

オッパ、1週間前に行ったばかりじゃない。



え?僕、床屋に行ったっけ?


行ったってメールくれたじゃん。


え、それいつだったか覚えてる?

ちょっとそのメール探してみる。。。Mayが言ってることが正しいかもしれないし。。。



ちょ、ちょっと待ってよ。。。

何言ってるの、オッパ?

自分が床屋に行ったか行ってないか、覚えてないの?

いつ床屋に行ったか聞いてるんじゃないんだよ?

床屋に行ったか行ってないか。ってだけのことだよ?

行ったら髪の長さだって変ってるし、すぐに思い出せることじゃない?




う・・・・ん・・・・ちょっとメールを確認させて。。


Mayは驚きを通り越して恐怖心がでてきた。

オッパがメールを探している間、

Mayは、この事実に戸惑い、



ねえ、本当は行ってなかったんじゃないの?

だって、床屋に行ったか行かないかだよ?

道を歩いているとき、途中で雑貨屋さんを見た?って聞いてるんじゃないんだよ?



と、問いかけ続けた。



あ、見つけたよ。本当だ・・、床屋にいったんだ。
ごめん、驚かせてしまって。。自分でも恥ずかしい。。
メールを見るまで、行った記憶が出てこなかったんだ。。。




はぁ? どういうこと?何を言ってるの?



先週。。。ってMayに言われて僕が思い出せたことは
あの時、ちょうど僕とMayはケンカしてて、
ずっと僕はMayの気持ちが心配だったっていう事実しか思い出せなかった。



じゃあ、何?
床屋へ無意識で行って、無意識で髪を切ってもらって
無意識で床屋から出てきたっていうわけ?!嘘つかないでよ!!



嘘じゃないよ。
デパートでMayにプレゼントを買って、ついでに近くにあった床屋に寄ったんだ。
でも、そこはいつも僕が通ってる銭湯の中にある床屋じゃなくて
髪も洗わないで10分くらいで仕上げる床屋だったから
今日、お父さんに「髪を切ってこい」って言われて、
「いつ前にいったっけ?」って考えたとき、
いつも行ってる銭湯の床屋のことを思い出して、1か月前だったから、
切りに行こうと思った。
全く10分の床屋の事は頭に浮かんでこなかったんだ。



理由はわかったけど、
そんなの、普通に聞いたら、床屋に行ったか行ってないかを思い出せないなんて・・・
しかも、1週間前のことだよ? 誰だって疑うよ。
別に嘘なら嘘でいいよ、誰かと遊びに行ってたとか、
それで嘘言っちゃった。って言われた方のが、
よっぽど納得できるよ。



じゃあ、Mayはこれから僕に嘘をつけ。って言うの?



違うよ。でも、あまりにも、衝撃的でしょ?
もし、嘘じゃないんなら、一度、検査をした方がいいんじゃない?




前にもあったんだ。
前の会社で忙しく働きつめていたころ、
お母さんに、「床屋へいってくる」って言ったら
「この間行ったじゃない」って。
僕にとって、床屋はそんな程度の気にもかからないことなんだ。
それでも、病院で検査をした方がいいって思う?



この事実を聞いて、以前あった気になる事がMayの中に蘇ってきた。。。。



また長くなるので次に書きます・・・・




コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anzjam1.blog59.fc2.com/tb.php/261-09a39905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。