May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からの状況報告です



今日、早朝、オッパは


キャンプへ行ってくるよ。



というメールが入っていました。




結局、行ったんだ・・・・って思いました。

でも、それでオッパ側の環境、全てがうまく収まるならそれがいい。って思いました。













昨夜、2人で遅くまで話あったんです。


キャンプへ行かないならクビ」という上司の宣告の下、


初めは、このキャンプ、行くべきか、行かないべきかを話していたのですが、




正直、このおかしな会社の提案に、お互いの精神面にも良くなかったです。






そうしていくうちに、


話は段々、下降気味になり、今までの色々な出来事が浮かび出て、


お互いのために、もう、別れよう。。。という話にまで発展してしまいました。






オッパは

キャンプには行かない

月曜日に辞表を提出する。





そういう風にさせているのがMayという事実も、もう耐えられなかった。

Mayがいなければ、我慢してでも行ったと思う。





今まで、オッパがニュージーから韓国に来て1年間

色々と彼の会社に理解し難い事は多々あったけど、


オッパもオッパで、苦しいことたくさんあったと思う。




でも、今回の不参加ならクビという事で、

Mayの中の最後の1本線がプチンと切れてしまったんです。

その反動でか、2人の結婚の段取りも、結婚も、全てがどっかに飛んでしまったんです。



結婚指輪を見に行ったこと

オッパのご両親に会えたこと

うちの両親にも報告できたこと






涙がこぼれ落ち続けました。



そして、口から自然と出てきた言葉が


これが、文化の違い

こんな不正なやり方すらも、

文化の違いとして、

目をつぶり、黙って呑み込む事が国際恋愛だって言うなら、

Mayには国際恋愛はもうこれ以上、続けられないんだ。




お互いのためによくない。



オッパがMayのために自分の仕事を犠牲にしているのも知ってる。

仕事って、そういうものじゃないですよね。

仕事って、何かに振り回されるものでもないし、軸を失っちゃいけないものだよね。

でも、Mayが理解に苦しむたびに、Mayがその軸を乱していたの、気づいてたんです。






オッパは深夜の帰宅途中、強く説得してくれました。



仕事、そりゃあ大事な人生の一部だよ。

僕はどんなに辛く大変な仕事をしたって構わない。

だけど、Mayが不快だと感じること、Mayを傷つかせたり、

辛い思いをさせる仕事に何の魅力がある?

Mayが嫌だと思うことは何があっても僕はしたくない。





それでも、Mayの心には、もうオッパの言葉は響かなかった。。。



昨日の深夜2時。。。。

オッパはまだ、家にも入らず外でMayと話続け。。。

しまいには、オッパのケータイの電源が切れてしまいました。




グレーな状態で電話が切れ

今朝のメールに「キャンプに行ってくる。 」と残し,

今日1日がスタート。




数時間おきに、オッパからメールと電話が来てました。



あれだけ拒否し、険悪な雰囲気になってまでも、「不参加」を主張していたオッパが

今朝キャンプに現れたのを見た上司。

オッパが話しかける前に、上司からオッパに、

誠意をもって「不参加ならクビ」という宣告のことを謝ってきた。という内容でした。



オッパは

辞表を提出する意思があること、

2weeks notice(辞めるので、2週間の間に今手がけてる仕事を引き継ぐ準備をしてくれ。的な警告)

を来週提出することを伝えたそうです。




オッパからの着信。

もう電話に出る気力もなく

着信は留守電に変わった。




同僚1名と今、キャンプ場の島からハイウェイバスにのって

3時間かけて帰宅中だよ。

深夜24時にはソウルに着くからね。心配しないでね、May。。。




と、21時に留守電が残っていました。




1泊するはずのキャンプ。。。


明日帰ってくるはずのオッパ。


それが、今は帰りの高速バスの中。。。


サービスエリアで休憩のときも

パソコンを探し、メールを送り続けてくれた。






今日1日、Mayはオッパにメールを返すこともできなければ、

かかってきていた電話にも出れなかった。。。

伝えたくても、何を伝えていいかわからなかったんです。

自分で自分の未来すら、自分の力で開こうとしなていなかった

そんなグズグズでダメダメなMay。。。。



その間に、オッパは1人で

前すら見えなかった曇りきった未来を

きれいに払拭して、また2人で歩く道を浮かび上がらせてくれた
気がした。



自分が情けなかったのと同時に、


これが私の愛する人、オッパだったんだ・・・・って思ったら

涙をこらえきれませんでした。。




どんなに苦しい時があっても、

貧しいときがあっても

彼に一生ついて生きていこう。。。。



そう今、思ったこの一瞬を、書いてみました。



あと1時間後にオッパはソウルの自宅に着くみたい。。。

今日はじめての会話になっちゃうけど、

おかえり」を言うために起きてようと思います。Brilliant










コメント

MAYちゃん「おかえり」言えたかな??
一つ一つ山を越えていくときに 今まで見えなかった価値観の違いとか、文化の違い、理解しあえない問題などなど・・・出てくるよね。
その度に言い合いになったり、喧嘩になったり・・。
でも そういうことって絶対無駄じゃないし、相手をまた一つ知って、これ以降は同じ事で喧嘩になる事ないもんね!
トリコもまだまだ 分かり合われへん事いっぱいでてくるかもしれへんけど、ぶつかり合って、また一つ理解しあっていったらいいんと違うかな?と思ってます。
トリコたちは貧乏やけど、楽しく過ごせてますよ(笑)
やっぱり一緒にいてHAPPY・・・それが一番重要やもんね☆がんばれ!MAYちゃん☆かげながら応援してるよ~!
2009/05/31(日) 14:42:57 | URL | トリコ #-[ 編集]


トリコさん、「おやすみ」言えましたi-234
予定より1時間遅く到着したので、途中で居眠りしちゃって
気づいた眠っていたけど彼の電話で起きました。
トリコさんがおっしゃってくれた「トリコたちは貧乏だけど、楽しく過ごせてますよ。
やっぱり一緒にいてハッピーが一番」っていう言葉が、胸に突き刺さるほど同感し、
涙がでちゃいました。人生で何が一番大切なのか、見失っちゃいけないですよね。
私たちも、トリコさんみたいなご夫婦になりたいと思います。 i-189
2009/05/31(日) 23:18:42 | URL | May #-[ 編集]

オッパさん、結局キャンプに行かれたんですね。
でも、筋を通していて立派だと思います。
それにしても、クビ宣告をして来た上司は、今更謝って来ても遅すぎですよねv-412
二週間後にはオッパさん、ついに辞めるんですか?
次はもっと環境のいい職場が見つかるといいですね。
劣悪な会社はそうやって優秀な人材を失って行くってことに韓国社会全体が早く気付くべきですね。
Mayさん、そんな素敵なオッパさんの手を絶対離しちゃいけませんよv-434
2009/05/31(日) 23:34:43 | URL | キュブ子 #L6Vgm//I[ 編集]
キュブ子さんへ:

結局、行ったんです。
きっと、それが上司に示す彼なりの最後の反抗だったのかもしれないです。
わざわざ、早朝、高速バスでみんなで遠出したのに、
彼は1泊せずに、また3時間かけてソウルに帰ってきた彼の意思には驚かされました。
もう彼の中では、辞める決意は変わらないみたいです。。。
ただ、そんなこと、彼の両親は知る由もなく・・・・
きっと、激怒するかもしれません。。まだまだ、課題は残ってます。。。。
でも、どんなことがあっても、もう私は彼の味方でいたいし、
支えて生きたいとおもいますi-234





2009/05/31(日) 23:52:20 | URL | May #-[ 編集]
Mayさんへ
Mayさん・・・

2人とも辛いのに、しっかり前に進まれて、本当に素晴らしいと思ったし、良かったとほっと胸をなでおろしました・・・。

前々から思ってはいたけど、Mayさんの日記を読むたびにこんな会社があることが信じられない・・・。

オッパもどうするべきか本当に悩んだことと思います・・・。

Mayさんもオッパの言葉が心に響かないほどまでになってしまって・・・。

そんなMayさんを、一生ついて行こうとまた思わせてくれたオッパ、これからまだあるであろう困難の数々を乗り越えていこうと決意したMayさんに、心から拍手を送りたいです。

そして、絶対幸せになってください。
2人なら大丈夫だと心底思います。

Mayさん、韓国はまだまだ有り得ない文化や価値観があって、きっと受け止めきれない部分がこれからもあると思うけど、Mayさんが愛したオッパのことは信じて、受け止めて行って下さいね。

韓国のくだらない非常識に惑わされて、オッパとMayさんが幸せになれないなんて、絶対に許されないと思います。

ずっとずっと応援してます、これからも今まで乗り越えてきたように、2人で力を合わせて幸せ街道を歩んで下さい。
2009/06/01(月) 00:00:14 | URL | あほみ #-[ 編集]

Mayさん、お久しぶりです!
しばらく訪問しない間にいろいろあったんですね~。。。
うちもかなりいろいろもめて、もうダメかな?って何度も思いました。
結局は、文化の違いとか、考え方の違いなのかなぁ?って
今さら思い知らされることも多くて、なんだか自信なくしますよね。
でも、Mayさんの彼氏さんは、ちゃんとMayさんのこと1番に考えて、
行動してくれる人だから、大丈夫ですよ!!

私たちは、もう一度1から考え直すつもりです。
結婚はもう少し先になるかな??
2009/06/01(月) 14:28:09 | URL | sacco #-[ 編集]
あほみさんへ:

いつも励ましのコメントありがとうございます。

今回ばかりは、もう本当に「忍耐」という言葉が玉砕した感じと言ったらいいでしょうか。。。

あほみさんのおっしゃる通り、
これからも受け止めきれない価値観や文化が出てくるのだと思います。
今回は、極悪会社に捕まってしまった彼が不幸だったのか、それとも、韓国という国自体が、
これが普通なのか・・・・・私にはわかりませんが、
彼はニュージーに帰ることを決心したみたいです。

幸せのために、お互いを犠牲にしてまで我慢や辛い思いだけをしながら、
歩いていくのは間違っていたんだと思います。

楽しさ、幸福感があるからこそ、我慢や辛さとも共存していけるものなんですよね。

これからは、2人のために2人で幸せな生き方をしていくつもりです。

がんばりますi-86


2009/06/01(月) 20:56:29 | URL | May #-[ 編集]
saccoさんへ:

saccoさん、お久しぶりですi-179
彼とは今の会社で働き始めてからモメることが多くなりましたが、
でも、そんなことが悔しかったりで、
色々と今まで耐えてきたけれど、
彼も私も、もうこの会社には限界だったのかもしれません。
お互いの何かが原因で仲が悪くなったりするのでなく、
もっと外側のものが原因でケンカになったりするのが一番ばかげてますよね。。

国際恋愛って、お互いの国の常識やモラル、マナーや文化、
習慣1つ1つが大きな原因、小さな原因になり重なってしまうことってありますよね。

また半分くらい振り出しに戻りそうだけど、
そうやって、2人が同じ未来をどう生きていきたいか
試行錯誤しながら歩いていければ、
きっと、自分なりの満足な人生、捜し求めてた幸せにたどり着ける気がします。

saccoさんも、saccoさんの事を大好きなKYさんを信じて幸せになってほしいです!!
応援してますよ~i-234
2009/06/01(月) 21:10:30 | URL | May #-[ 編集]

大変なことがあったんですね・・
とても理不尽な会社と上司・・韓国っていつも
思うのですが、本当に私達には理解ができないような
事が平気で起こったりするんですよね。
皆さんも書いてらっしゃいますが、文化の違い、
習慣の違いって事もありますが、やはり
それだけでは片付けられないものも多々あります。
でもやっぱり重要なのは二人の気持ちなんですよねi-179
いろんな環境の中で、いろんなことにぶち当たりますが
二人は幸せに向かってることには間違いがないと思いますよi-199
ぜひ彼とよく話し合いながら、二人の幸せの道を
歩いて行ってくださいねi-228
2009/06/01(月) 21:19:07 | URL | Erina #-[ 編集]
Erinaさんへ:

やっぱり、私だけじゃないんですよね。
理解に苦しむ韓国のしきたりに、日韓カップルのみなさんは、
ぶち当たったりしないのか、いつも不思議におもっていたけれど、
言わないだけで、同じように感じていたことに、私も慰められました。
私が単なるワガママというか、幼いのかとすら思いました。 
今回のことはポジティブに捉えていこうとおもいますが、
まだ彼の両親に言ってないのがネックです。i-201
でも2人で決意したことだから、きちんと説明をして
納得してもらおうと思います。
がんばりますi-184
2009/06/01(月) 23:22:25 | URL | May #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anzjam1.blog59.fc2.com/tb.php/239-022091f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。