May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、観てきましたBrilliant

P.S. I Love You
(これから観る予定の方は飛ばしてくださいね。ネタばれアリです)


P_S__I_Love_You.jpg


何もあらすじを知らないまま映画館へ行って、チケットを買ったもので、
まさか、あんなに泣かされるとは思いませんでした。汗あせ


まだ、”さよなら”は言えないんだ・・・・

最愛の夫、ジェリーを亡くし、悲しみの果て引きこもっていたホリーが
誕生日に亡くなったはずのジェリーからプレゼントとメッセージが。。。

それを機に、消印の無い10通の彼からの手紙を通して
ホリーがどう人生を取り戻していくか。。というストーリー。



彼の些細な言葉に不機嫌になったり、笑ったり。。
本当に典型的な女の子ホリー。

謝ったり、気分をうかがったり、終いには喧嘩になっちゃったり・・・
でも、そんなホリーの全てを愛していたジェリー。

5671_p_s_i_love_you_un_film_romantic_numai_bun_de_vizionat_de_craciun.jpg


始まって5分くらい??
既にジェリーが亡くなってるシーン。

悲しみから、ふさぎこんでいるホリーに
天国にいるジェリーから、突然バースデーケーキとメッセージが届いたシーンで既にMayは涙。

imgdcd5c371zikbzj.jpg


そこから始まるホリーの人生。

彼の生まれ育った国、アイルランドにアメリカ人のホリーを招待する手紙が届いたり・・・

PS-I-Love-You_4.jpg



10通の手紙を通して、ジェリーはホリーに何かを伝えようとしていました。


彼女が失ったもの、そして、これからの彼女の未来。


そして、ずっと冷静だったジェリーが、最後にお母さんに泣きつきました。

ジェリーは心から私を愛していてくれていたのに、
どうして、神様は彼を連れて行ってしまったの??
 」と・・



最後の10通目のジェリーからの手紙



忘れないで。

君は僕の人生だった。

でも僕は君の人生の一部でしかない。

新しい恋を恐れないで。

妻になってくれてありがとう。



このシーンで、Mayは号泣でした。涙涙

涙ボロボロ
鼻水だらだら。。。

悲惨な光景でしたよ。


こんなに切ない映画だと知らなかったため、ハンドタオルも用意がなく、
映画館入る前にマックでお茶していた時にペーパータオルが鞄の中に入っていたのを思い出し、
そんなんで、涙&鼻水ふいてました。汗とか



皆さんはどうですか??

いっつも自分のワガママや気分に振り回され、
それでも、大きな愛で受け入れてくれる最愛の人が急に目の前からいなくなってしまったら。


Mayはこの映画を通して、オッパとの今の関係について深く考えさせられました。

どこかで当たり前だと思っている彼の愛や今ある幸せは、

本当は全然あたりまえじゃなくて・・・

今日、映画を見る直前に、
些細な事がキッカケで
オッパと少し電話で嫌なムードで話してしまい、電話を切ってしまいました。


なんだか、深い愛でいつもいつも包み守ってくれているオッパに甘えて、
あたったり、一方的に感情を押し付けたり。。。


そんなこともあり、
この映画から学ぶものは人それぞれですが、たくさんあると思います。

大切な人が当たり前になりつつある方や、
国際恋愛している方も、
好きな人がいる方も
愛とはなんだ・・・・と考える方も

ぜひ見ていただきたい作品です。







コメント

私もこの映画、旦那と観にいって二人して号泣だったよー。あんなに泣くとは思わなかった・・。
いつも身近に居すぎて感謝することを忘れていたけれど、一緒にいれることを本当に感謝したい気持ちになったよ。
ここ数年で一番感動した映画だったぁv-24
2008/10/29(水) 23:13:47 | URL | ふみ #-[ 編集]
ふみちゃんへ:
ほんと、私もあそこまで泣くとは予想外だよ~。
でも、なんか、愛が何だとかって口では言えないけどさ、
愛ってこーゆーことなんだな。。って、
何かしら自分の中でわかった気がするよ。

旦那様と一緒に観れてよかったねぇ!!
あれはぜひ、最愛の人と観たい映画だよね!

ちなみに私は1人で観たけど!!(爆)
2008/10/29(水) 23:29:51 | URL | May #-[ 編集]

私もコレ見たかったんですけど、、、、
号泣するなら、家でゆっくり見ようかな??(笑)

私も最近同じようなこと考えてまして、、、
人の運命なんて誰にもわからないし、何の保証もないけれど、
こうして自分も自分の大切な人も健康で笑い合えるってことは、
全然当たり前のことではないってこと。
本当にこうして生きていられることに感謝しなくちゃなぁって思います♪
2008/10/30(木) 22:44:09 | URL | sacco #-[ 編集]
saccoさんへ:

きっと、涙は逃れないですよ~。

考えてみれば、ほんと、人の人生なんて何の保証もないし
、いつどうなるかなんて、全くわからないですよね。 
なんか、私の彼はずっとずっと先の未来ばかり心配して、
今、体が壊れるほど働いてるけど、
私はこの映画をみて、そんな不確かな未来よりも、
今をもっと見てほしいな。。って思っちゃいました。v-356




2008/10/31(金) 08:08:18 | URL | May #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anzjam1.blog59.fc2.com/tb.php/120-9d3d0fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。