FC2ブログ

May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

1202465874564362_krf.jpg


あらゆる人が変わっても

あなただけは

私のそばに

一緒にいてくれますか?






学生時代から

Mayはずーーっと理想ばかり追いかけてきました

未来のビジョンばかり夢見ては

いつもたどり着けず、

理想と現実のギャップに溜息をつきながらも

また歩きつづけ。。。。




そんな事を繰り返してばかりいるうちに、気づいちゃったんです。


そんなもの、ないんだ。。。って。



追いかけるのが疲れたのではなく、

信じる事を止めた瞬間、

元々無かったものが自然と見えなくなっただけなんです。



1223825152690384_464015625_8f000e0209_convert_20081127210553.jpg





愛の形って、人によって様々だと思うけど


Mayの探してる愛の形は

きっとすごく平凡な愛だと思う。




結婚しても、ず~っと深い愛で結ばれてる夫婦だったり

温かい家庭を最愛の人と築くことだったり

いっつも笑いが絶えない家族だったり・・・・








ただ


社会に出て、周りを見て、色々人の話を聞いたり、経験してゆくうちに

そんな平凡な愛すら

夢みたいな事なのかも。。。と諦めていたのも事実です。




こんな素朴で平凡な希望すら、もう持てなかったMayに

最後の手を差し伸べてくれたのがオッパです。






そして

オッパと出逢って一緒に時間を共有していくうちに

彼との間に、考え方の違いが出てくるようになりました。






その1つ1つが

実はMayに無かったもの・足りなかったものだった。ということに気付きました。




それらが無いが故に

いつもMayの理想が理想で終っていたということ。










1223825152688691_274197870_cb420603a2_convert_20081127210835.jpg



そして


今まで見たくないものは目をそむけていたこと。

そんな温かい愛、温かい愛。。と口にするだけで

心の準備は全然できていなかったこと。



これが
オッパと付き合って、浮き彫りになって出てきたことです。




その違いから、すれ違いが起こり、

Mayがどんなに

わめこうが、大泣きしようが、また目をそむけようとしても


それでも

そんなMayの手を放さず


オッパはいつも立ち止まり、向きあい、
泣きやむまで待ってるから気分を落ち着けて。。。と電話を切らずに待ってくれる人。




そして

そこから、また2人の歩き方、探してくれます。

Mayとオッパ、どんな事が起こっても2人で人生を歩んでゆくための話、

前に進むための話をしてくれます。



そうやって

Mayの生き方を軌道修正してくれたオッパ。

本当に、Mayは、いかに自分が今まで簡単に結婚
というものに対して軽薄な考えをもっていたか。。


ということに気付かされます。 









オッパは温かい愛とか、温かい家庭とか、

理想像を口にしたことはありません。



それらを得るための生き方、考え方を既に持っているからだと思います。



本人は、全く気付いていないと思いますが、
Mayには、それがわかります。



愛は時を重ねるごとに悪い意味で変わってゆくものだと思いました。


だけど、

オッパと出逢い、彼の生き方、考え方、愛し方・・・を見ているうちに

ずっと変わらない愛、深まってゆく愛もあるんだ・・・・って思えるようになりました。




今さらながらですが・・・・・



オッパと出逢い同じ時を過ごしながら

Mayはやっと自分の人生の歩き方を見つけた気がします。

1度の人生、

誰と生きていきたいか・・・

誰のために残りの限られた時間を生きていきたいか。。を見つけた気がしました。







Mayの中で一番遠いと思っていた国の人、韓国人。


その韓国人男性のオッパと


生まれ変わっても、また一緒に生きていきたい。。


Mayが心から願う人でした。 



1223825152691846_2490265132_9dc9f57644_convert_20081127205801.jpg



Mayは僕の大切な宝物・・・・といつも言ってくれるオッパ。


Mayにとっても、いつしか、宝物のような存在にオッパはなっていました。






というように・・・・・

オッパがお父様にMayとの結婚を話す日が差し迫る中

何かしらの方向性が出てくる前に


きちんと今の気持ちを残しておきたかったんです。



きょうは、オッパが贈ってくれた写真と共に

Mayの気持ちをちょっと深く書き記しておきました。


スポンサーサイト