FC2ブログ

May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

オッパがソウルへ帰り、2日が経ちました。

まだお互いに寂しさは抜けきらない感じです。


オッパを到着ロビーで待っている時は超ルンルン&ドキドキなのに
帰国日の空港は、超辛いものがある涙

空港へ向かう前に一緒にお台場でランチをしていても、幸せなんだけど、
なんか、目の前に迫ってくる別れがあるせいか、
気持も物静かになってしまう。



オッパがMayの靴ずれを心配して買ってくれたシューズ。

旅行者でもないのに、ボストンバックがパンパンになるほど詰め込んだ荷物、
それプラス、オッパからのお土産2袋をMayが今度は1人で電車に乗って持って帰るのは心配だよ。


と言ってタクシー代、2万円渡すから、タクシーを捕まえて家まで帰ってくれたら僕は安心して帰国できるよ。

と。。。



そういう事を言われると、余計にまた離れ離れになるんだ・・・っていう実感がこみあげてくる。

そして、オッパがいた間は、いつもMayはオッパに頼れて守られていたんだな。。って思い

我慢してる涙があふれてくる。


でもMayは帰国日、オッパの前では絶対泣かないんです。

オッパに言われてるから。

「泣かないでね。。Mayが泣くと、Mayをそばにいさせてあげられない自分をどうしようもない気持ちでイッパイにさせるんだ。。」

だから、Mayはいつも笑顔でバイバイします。

目が赤くなってしまうけど、涙は流しません。


そして、一人、大荷物を持って、トボトボと歩き空港からシャトルバスで駅へ向かう途中に
大粒の涙があふれ出てしまう。

もうオッパが隣にいない事実に堪え切れなくなってしまうっていうんでしょうか。。。



でも、この滞在はオッパとMayにとってある1つの大切な再会でもありました。

今後の2人の事を話すためにオッパは来てくれたから。

オッパは11月にオッパの両親にMayとの結婚を正式に承諾をもらい、
そのあとは、Mayの両親にも挨拶にきて、
1月からは一緒にウェディングフェアや仲介会社を探しに行こう。と・・・・。

同じ国にいなく、すぐに会えるわけじゃないからこそ、
少しずつ、早めに進めていこう。。


そういう話をしに来てくれた。泣く


ソウルに着いたオッパからすぐに「着いたよ、May~」と電話があった。

オッパがMayには泣くな。って言ってたくせに、
家に向かう途中、オッパが涙が出てしまって、
辛くて悲しくて、顔をあげて歩けなかったよ・・・だって。汗とか


そういう心の優しいオッパだから、この遠距離もがんばれます。
ニコニコ。 横向き


あ・・・・もちろん、空港からタクシーで帰るなんて贅沢はしませんでした。
電車で帰れば、700円くらいで済むんだから、それを2万円で帰るくらいなら、
次回の日本行のフライト代にあててほしいもんねふるーつ☆Cultivation・キラキラ星








スポンサーサイト