FC2ブログ

May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

前回の続きです。

前回→イライラ



とにかく、Mayは今回のことは、

誰かと一緒にいたとか、いなかったとか、

気にならないといったら嘘になるけど、

過去の気になる点があったので、

なんとなく、他の誰かといた。とかって、違う気がした。


職場で仲の良い人がいたって、

お茶しても、別に同僚ってだけだし、そこまでMayは嫌だとは思わない。



オッパは今回の床屋の件、謝ってきた。


もういいよ。

オッパは床屋にいったんだから

それでいいよ。

でもさ、わかってほしいんだけど、

こういうあり得ないことがあると、誰だって、

嘘じゃないの?他に何かしていたんじゃないの?って疑っちゃうよ?



うん。。。わかってる。ごめん。

気分を損ねちゃってごめん。。他に何か言いたいこととかある?




あるといっちゃある。

ここでため込むのも嫌だったので聞いた。



あとさ、

オッパ、さっきログオフするとき
Mayが「じゃあ、床屋今から行ってきなよ」って言ったとき、
かたくなに拒否したじゃない?
そんな気分じゃない。って言って行かない。って言ったのに、
どうして、急に行く気になったの?
何も言わないで「ただいま」のメール見たとき、少し驚いたよ。



え、ログオフするとき、Mayに言ったよね。
床屋に行ってくる。って。




Mayは心の中で叫んだ・・・・・

絶対におかしいというか、頭がおかしくなっちゃったのか・・・・・

本気でそう思った。




脱力感いっぱいな中

オッパにいった。。


ねえ・・・・本気で言ってるの?
うそでしょ?
あなた、自分が3時間前にどうやって会話を終えたか
覚えてないって言うんじゃないよね?




・・・・・
ごめん・・・・ちょっともう今は全てが混乱しちゃって思い出せない。。



うそでしょ?

涙が出てきた。


Mayは何とも言えない恐怖感の中
どうやって2人がログオフをしたのか話した。


あ、そうだった・・・
ごめん。。。



ねぇ、どうして実際に言ってないことが、
あたかも言ったように事実がすり変わっちゃうの?
おかしいでしょ?



ログオフしたとき、Mayも「床屋にいっていい」って言ってたし、
その直後にお父さんが銭湯に髪を切りに一緒に行こうっていうから、
それが、自分の中で肯定されて、
あたかも自分ではMayに言ったと思ってしまったんだ。



なんなの、この意味不明な思考回路は・・・・・



この10月にMayも一緒に付き添うから
一緒に病院へ行ってよ。
もうこれ以上、話してたらMayまで頭がおかしくなりそう。




そうしてこの日の会話は終わりました。。






前回の続きです。

前回→不信が募る






8時になっても現れないオッパ。

ふとメールをチェックすると7:40頃、1件オッパから。


件名

ただいま


嫌な予感がした。


内容

いま銭湯の床屋から帰ってきたよ。
お父さんに醤油を買いに行くように頼まれたから
8:30にログインしていい?



ただいま。。っていう件名からして

どこへ行ってきたの?
まさか、あんなに拒否し続けた床屋?


って思ったら案の定。。。

まあまあ、これは、予想範囲内。



そして8:30

待っても来ない。

どこまで醤油を買いに行ってるわけ・・・・・



すかさず、妹が登場

韓国のコンビニ、全部閉まっちゃうんだねぇ~、
他のお店を探してるんじゃないの~(笑)



と、Mayの不安を逆撫でする。



8:45

思わず電話してみた。


全然出ないとおもい、切る直前でオッパが

思いっきり寝声で「ハロ~?


これにMayはブチっときてしまいました。



なんなわけ?!

醤油を買いにいって、何時に帰ってきたわけ?



ごめん。。。15分くらいで帰ってきたんだけど、

そのあとベッドに横たわって8:30を待ってたら眠っちゃったんだ・・・・

今すぐにログインするよ。




もうMayも不機嫌全開モードでログイン。


前回の続きです。

前回→振り返ってみれば・・・





とにかく・・・・・

わかった。。。
先週床屋にいったけど、後ろ髪が乱れてるってお父さんも言うんだから、
今からいつもの床屋に行ってきなよ。


もう行かないよ。。。。


なんで?


正直、Mayに、床屋行ったじゃん!って言われた時、
すごいショックだったし、自分でも驚いた。
こんな風にMayにも驚かせちゃって、
今から床屋に行ける気分にはなれないよ。。。




そんなこと言ったって、
乱れてるなら、行ってきなよ。



いいよ。。このままMayと話していたいよ。

Mayだって、これから夕飯の支度があるし、
今はリビングに戻らなきゃいけないから、またあとで話そうよ。
9時にまたね。



床屋に行かないって言ってるオッパだけど、
9時だったら、オッパも余裕もって床屋にも行けると思った。


8時でもいいんじゃない?


・・・わかったよ。じゃあ8時ね。




そして、ログオフ。


Mayはこの衝撃的事実を家族に相談したんです。


自分が美容院に行ったかどうか思い出せないって、

家族も信じられない様子でした。


はじめは、疑ったけど、でも、上司の話や、過去にも同じことがあったことを考えると、

もしかすると、何か異常があるんじゃないかって心配になった。。。。


そこに登場したのがMayの妹。

今は結婚して、事情があり1歳のベイビーとともに実家に居候中の毒舌シスターが


それ、女がいるんだよ!ガーン2



妹は独身中、結構遊びまわってて
色々な恋愛経験をしてきたんです。


床屋なんていってないよ。デパートにお姉ちゃんのプレゼントを選びに行った。なんて、
女友達と一緒につきあってもらって、そのお礼にカフェかどっかにいったりしてたんでしょ。

そんな、メールを確認させて。。なんて、
その間に、自分がどう弁解しようか、考えてるの!
私だって、そんなこと、やってたし、
他の男友達だって、やってたよ。



いやいや・・・

今までのオッパを見てきて、それはない気がするよ。



そー思ってるのはお姉ちゃんだけでしょ。
私だって、どんだけの人と会って、「この人はそんなタイプじゃない」って思ってたら、
それと反対なことが、どんどん出てきたか。。。
この人はそういう人じゃない。っていうのはね、
100%思わない方が自分のためだよ。
あとで傷つくのは自分なんだから。
疑えって言ってるんじゃなくて、ある程度、50%信じて、
50%不意なことが起こりえるってことも知っておいた方がいいよ。ってこと。



ここでは書ききれませんが、

妹はこれ以上にももっと、深く怖い話をMayにしたんです。


更に母までが

他に女がいるとかっていうようには彼からは想像がつかないけど、
でも、仲の良い仕事仲間とかでさ、一緒にご飯食べに行ったりとか、
お茶したりくらいはあるんじゃない?
それは、日本でもそうじゃん。
仲の良い同僚同士、ごはん食べたり、うちの会社の子たちはしょっちゅう出かけてるわよ。
彼も、そのくらい2-3人いてもおかしくないんじゃない?





不安が不安をあおり、

Mayはすっごく落ち込みました。

それならそれで、正直に言ってくれた方がまだいい。

そう思いました。

脳に異常があるのか、

それとも、何かを隠しているのか、

信じたいMayと

信じきれないMayの葛藤が続きました。




そして約束の8時。。。



前回の続きです。

前回のストーリー→事の発端



前にもあった・・・なんて言うオッパに

少し気になった事がいくつかあったんです。


1年前かな。。Mayとお休みが重なった日、
お父さんとランチを食べに行ったオッパ。
お父さんはそのまま仕事に行かなきゃいけなかったので
オッパを家まで車で送った後、そのままお父さんは仕事へ。



お父さんも家にいるの?というMayの質問に

いないよ。

じゃあ、どうやって帰ってきたの?

歩いて帰ってきたよ。

お父さん、送ってくれなかったの?

あ、ごめん。。そうだ。
お父さんが車で送ってくれて、そのままお父さんと一緒に部屋まで帰ってきたけど、
お父さんはそのまま仕事へすぐいっちゃったんだ。



じゃあ、なんで歩いて帰ってきた。なんて口から出てくるの?

お父さんの車に乗ってる時から、早くログインすることしか考えてなくて
とっさに、自分は仕事帰り同様、
歩いて家まで帰ってきたって思っちゃったのかもしれない。。。




あの時は、確かに驚いたけど、

心配性で、結構1つの事に頭を占領されちゃうと、
他はケアレスになっちゃうのは気づいていたし
はじめての事だったから、普通に流した。



このことを、今回、オッパに言った。

オッパも覚えてた。



そして、

やっぱり、1度、検査に行った方がいいんじゃない?


オッパは

アメリカで働いているとき、上司にも同じこと言われた。
上司がやっておけ。って言った仕事があったんだ。
で、次の日、その仕事を提出するように言われたけれど、
そんな仕事をもらった記憶もなかったことがあった。

僕は忘れやすいから、上司に病院へ行った方がいい。ってMayと同じことを言ったんだ。
でも、あの時は、上司が僕の事を嫌ってるからそう言ってるんだと思った。



こんな話を聞かされて、更にMayは青ざめた。


だって、最近辞めたオッパの悪徳会社の上司もオッパに

君は物事を忘れやすいから、言われたことはメモに書いておくように。って注意されたことを

聞かされたことがあった。



Mayの中で、何かが勝手に繋がってしまった。





次へつづく・・・・・

誰でもそうかもしれないけれど

何か心配事があったり、1つの事に集中していると

他のことが考えられなくなったり、

一瞬、少し前に何をしたかとか思い出すのに時間がかかったりすることってあるけれど

これ、オッパの場合、すごい重症なんです。


出会った当初から気づいてはいたけれど

ケンカしたり、関係が壊れそうな時とか、逆に、重大な仕事とか目の前にあると

オッパは他のことが本当に考えられなくなってしまう。




先日、オッパと2人で楽しく話していた時

オッパが

じゃあ、ごはん食べた後、床屋に行ってくるね。
お父さんが、なんか後ろ髪が乱れてるっていうからさ。


と言ったんです。



Mayは耳を疑いました。


え?!なんで床屋に行くの?

オッパ、1週間前に行ったばかりじゃない。



え?僕、床屋に行ったっけ?


行ったってメールくれたじゃん。


え、それいつだったか覚えてる?

ちょっとそのメール探してみる。。。Mayが言ってることが正しいかもしれないし。。。



ちょ、ちょっと待ってよ。。。

何言ってるの、オッパ?

自分が床屋に行ったか行ってないか、覚えてないの?

いつ床屋に行ったか聞いてるんじゃないんだよ?

床屋に行ったか行ってないか。ってだけのことだよ?

行ったら髪の長さだって変ってるし、すぐに思い出せることじゃない?




う・・・・ん・・・・ちょっとメールを確認させて。。


Mayは驚きを通り越して恐怖心がでてきた。

オッパがメールを探している間、

Mayは、この事実に戸惑い、



ねえ、本当は行ってなかったんじゃないの?

だって、床屋に行ったか行かないかだよ?

道を歩いているとき、途中で雑貨屋さんを見た?って聞いてるんじゃないんだよ?



と、問いかけ続けた。



あ、見つけたよ。本当だ・・、床屋にいったんだ。
ごめん、驚かせてしまって。。自分でも恥ずかしい。。
メールを見るまで、行った記憶が出てこなかったんだ。。。




はぁ? どういうこと?何を言ってるの?



先週。。。ってMayに言われて僕が思い出せたことは
あの時、ちょうど僕とMayはケンカしてて、
ずっと僕はMayの気持ちが心配だったっていう事実しか思い出せなかった。



じゃあ、何?
床屋へ無意識で行って、無意識で髪を切ってもらって
無意識で床屋から出てきたっていうわけ?!嘘つかないでよ!!



嘘じゃないよ。
デパートでMayにプレゼントを買って、ついでに近くにあった床屋に寄ったんだ。
でも、そこはいつも僕が通ってる銭湯の中にある床屋じゃなくて
髪も洗わないで10分くらいで仕上げる床屋だったから
今日、お父さんに「髪を切ってこい」って言われて、
「いつ前にいったっけ?」って考えたとき、
いつも行ってる銭湯の床屋のことを思い出して、1か月前だったから、
切りに行こうと思った。
全く10分の床屋の事は頭に浮かんでこなかったんだ。



理由はわかったけど、
そんなの、普通に聞いたら、床屋に行ったか行ってないかを思い出せないなんて・・・
しかも、1週間前のことだよ? 誰だって疑うよ。
別に嘘なら嘘でいいよ、誰かと遊びに行ってたとか、
それで嘘言っちゃった。って言われた方のが、
よっぽど納得できるよ。



じゃあ、Mayはこれから僕に嘘をつけ。って言うの?



違うよ。でも、あまりにも、衝撃的でしょ?
もし、嘘じゃないんなら、一度、検査をした方がいいんじゃない?




前にもあったんだ。
前の会社で忙しく働きつめていたころ、
お母さんに、「床屋へいってくる」って言ったら
「この間行ったじゃない」って。
僕にとって、床屋はそんな程度の気にもかからないことなんだ。
それでも、病院で検査をした方がいいって思う?



この事実を聞いて、以前あった気になる事がMayの中に蘇ってきた。。。。



また長くなるので次に書きます・・・・