May's Diary~日韓 Love~

韓国人っぽくないニュージーランド育ちの韓国人のオッパと、1/4は韓国人の血が入ってるのに                                               全く韓国について知らない+話せない日本人Mayの日韓カップル・遠距離恋愛日記♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
34℃台を記録してしまったMayの体温は

その日から、とにかく脱・低体温を目指し

あらゆるリサーチと

できることから始めていくことに決めました。



まずは

しょうが紅茶。



1日最低3回飲むことにしました。

しょうがをお好みですりおろし、

普通の紅茶に絞り汁を入れてもいいし、

すりおろしたものをそのまま入れてもOK!

そこにハチミツをお好みで入れて飲む。


やば~い

体の底からポカポカ



しょうがはチューブでもいいらしいです。


ちなみに、Mayはしょうがをすりおろしてます。

しょうがはすぐに萎びてしまうので

タッパーに水を入れ、その中にしょうがを突っ込み蓋をして冷蔵庫で保存。

定期的に水を交換してあげてください。

メッチャ長持ちしますヨ☆



お目ざめに1杯

お風呂入る前に1杯 
(ちなみに夏場のシャワーは体が冷えるのでシャワー前は必ず1杯)

寝る前に1杯

その他お好きな時に。

ただ、飲みすぎると、胃がもたれる人もいるみたいなので

しょうが紅茶は1日3~6杯までが目安だそうです。







続いて


足湯!



夏はシャワーで済ませてしまう人も多いですが、

お風呂があるなら、お風呂がベスト。

Mayのオーストラリアのアパートは風呂がない。。。爆

仕方なくシャワー。。

だから、足湯は欠かせない。



桶に41℃くらいのお湯を入れ

そこに両足を突っ込み8分ほど。

余裕があれば、そこに両手を1分間つけてみるのもGOOD.



足湯しながら、しょうが紅茶を飲めば

もっといい感じ。





部屋ではモコモコ靴下と普段の部屋着に

プラス1枚上着をはおる事にしました。




すると、34.4℃だった体温は35℃台中盤へ上がったのです。




これだけで、平均体温は34℃台になることはなくなりました。


これだけでも、すごくうれしくなりました。





すると、不思議なことに、ここ数日間続いていた

吐き気と

手足の硬直感や

血が通っていない感覚が



無くなっていたのです。





これは面白い!!



その日の夕飯も、体が温まるものを中心に作りました。

豚肉とにんにくの芽の炒め物

キムチチゲ。

体がポカポカ。

でも、体温は35℃台。



なんか、ハマりだすMay。



今朝、朝目覚めると、体はポカポカ。

体温を測ると36℃ジャスト。



夢の36℃台~~



なんてハッピーな気分に浸っていると


体温は朝から夕方にかけて下がっていくものだそうで、


確かに、お昼に計ると35.6℃



更に、お昼の出かけるため、シャワーを浴びた後に計ると

体の中は温かい気がしたけど、

体の表面は冷たくなっているのは分かっていました。

34℃台をなんとか切り抜け、35℃前半。。。


はぁ・・・・・・(泣)




体は突然変わった体温から、元の体温へ戻そうと働くので

高体温を保持したい場合は、常に高体温の状態をキープできれば、

自然と体がその体温になってくれるらしいのです。



ちなみに、低体温の人たちも、

もともと低体温だったのではなく、常に体を冷やす状態にあったから、

体が低体温に順応して少し体温を上げようとしても

すぐに低体温に戻ってしまうらしいです。





とりあえず、ランチをオッパと食べに外へ出ました。


食事でも改善していきます。


体を温める食事。

とくに、しょうが、にんにく、唐辛子などが低体温、冷え性の人にはオススメ。




もちろん、Mayとオッパは韓国料理を食べました。

いつもは冷たいお水を飲みますが、

お水の代わりに少し冷めたお味噌汁!



そうそう、体温計が無い時でも

簡単に低いか高いかわかる方法は

相手の手を触ってみる事。だそうです。

低体温になっている証拠は手足が冷たいことが1つの目安。

相手の手を触って、あきらかに冷たければ

自分の体温は高いらしいです。



ランチ後、オッパの手を触ってみました。

いつも温かいオッパの手が

なんと、冷たく感じた!

Mayの手の温かさにオッパもビックリ!

良い調子で体温を保持してるんじゃない?!



その後、お天気が良かったので軽くエクセサイズ気分で

隣駅までオッパと2人でお散歩しました。

隣駅の日系マーケットで梅干しの壺を発見。

梅干しは新陳代謝の活性化に役立つらしいです。

お買い上げ~♪ 1日1個、いただきます。



なんか、体が手足から体の中心までポカポカ。

手足がポカポカなんて、考えてみればずっとなかった。。


今までずっと体に悪いことをしていたんだ。。って

散歩しながら思った1日でした。









































スポンサーサイト
ここ数日、なんだか体調がとっても悪い日が続いたMay。。。


生理前だから?・・・なんて勝手に思い込んでいたのですが

前まではそんなことなかった。

生理前は胸が張るのみ。。。


だけど、今回は


手足の硬直感があって

血の通いが手足まで行き切ってないような。。。

それに、動悸、吐き気。。

なんか、PMSにしてはヒドイ様な。。。




先日は、あまりの手足の硬直に眠りから突然叫び飛び起きてしまった。


隣で眠っていたオッパも突然の出来事に驚いたのか

いつもは絶対に使わない韓国語でとぼけているのか、


「ケンチャナ? ケンチャナ?」


Mayも眠いのと驚いたのと、オッパの韓国語にニヤリとしながらも、

何も言わず、また眠りに就いた。


翌日も、頭痛がひどく、いつもならナロンエース飲めばすぐに治るのに、

めまいと頭痛が重なり、薬で治らなかった。

バイト、辛かった。。。



吐き気もあるんだけど、でも、食欲はあるんです。



それに、数日前なんて、就寝中、口?喉が乾きやすくなり、

夜中に渇きで空気が喉の粘膜に突き刺さる感じがして

ゲホゲホと突然せき込み、オッパが驚いて眠っているMayを起こして

水を飲ませてくれたり・・・




でも、これ、Mayが日本にいた頃から時々あったんです。

手足の硬直感で眠れない。。& 渇きでせき込む。。。ってのが。。






昨日、少し、ネットで調べてみた。




PMSと吐き気

で検索したら


意外にも、全然別の原因を発見してしまったMay。



そのサイトでは

PMSで吐き気がある人は少なくは無いと思います。

そんな時、体温を測ってみてください。

意外と、そういう時って低体温の時が多いのです。



とありました。



へぇ~~



そこで、さっそく体温計で計ってみると




ショーーーーーック



Mayの体温


34.4℃








ウソだ!! うそ!!!



そんなバカな!!!!


34度って、人間、その域越していいの?!



何度も計りなおすけど、結果は変わらず・・・・




めっちゃ、焦りました。


もともと、平熱は35.6℃くらいで、低い事は低いんです。



でも、35.6℃くらいって、もう自分の中では普通になってて、


それが当たり前でした。




健康な人間の維持すべき体温は36.6℃らしいです。

身体細胞の新陳代謝が活発で、健康で活動的、

免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つ。




35.5℃の人を低体温と呼び

その弊害は 自律神経失調症で排泄機能低下や、

アレルギー体質など新陳代謝が不活発。

遺伝子の誤作動が多くガン体質といえる。

ガンは35度を好む。




34度台となると、生死の境

海難救助で救出後、生命回復ができるかを判断する体温。

自分で自分の体を自由に動かす事ができない体温。




33℃は死の入り口

山で遭難し、幻覚が出てくる体温。死が目前・・・・





35℃台でも良くないというのに、34℃台、

そりゃあ、色々な障害が体に現われる・・・・




てゆーか、Mayの場合、

PMSだから吐き気とかの原因じゃなくない?

って直感してしまいました。





しかも、35℃はガン細胞が最も好む体温で

ほとんどのガン患者の体温は35℃台らしいです。




もう、自分が35℃台の平熱が当たり前になっていたことが恐ろしくなり、

更には自律神経失調症・・・・。

この症状、勝手にMayは神経的な病気。。って勘違いし、

自分には関係ない。と思っていましたが


これを機に調べてみると、

これまた意外!!

精神的なものだけでなく、

小さなものから大きなものまでたくさんの症状があったのです。


その中にMayは当てはまるもの、たくさんありました。。。(泣)



その中に、口と喉の渇きで咳き込むのも入っていました。。

手足の硬直感も動悸も血流の悪さの感覚も、

1日3回しかトイレに行かないでも平気な事も・・・

それも全て、この低体温がもたらす悪影響?



知らず知らずのうちに、低体温ということが、

たくさんの悪影響を体にもたらしていました。



もちろん、お医者さんへ行ったわけじゃないので、

絶対低体温が原因!とは言い切れませんが、

低体温は万病のもと。と言われているらしく、



これを機に、体温を36.5℃を目標に

元のあるべき体温へ戻す努力を昨日からする事に決めました。




理想の体温は36.6~36.9℃らしいです。

35℃が平熱のMayからすれば、もう高熱の範囲ですが。。。(爆)



ちなみに、体温が34℃台だと、頭痛薬飲んでも、効きにくいらしいです・・

Mayは完全に効きませんでした。




でも、体温って、簡単には戻らないからこそ、

日々の食事や運動、生活習慣から変えてコツコツ続ける必要があるみたい。






体温を36.6℃以上を保つことで

常に体は病気に対抗できるのです。

風邪の時も体が高熱を出すことによって、風邪を治すように、

ガン細胞でさえも40℃近い熱を持つと、ガン細胞も死滅するらしいです。



よく、手足のみが冷える冷え性の人も、

それが体からの危険のサインなんだって。

手足と内臓、どちらを温めなきゃいけないか知っている私たちの体。


どこを一番に温めなきゃいけないのか。。。

もちろん、少ない熱を内臓へたくさん運ぶ分、

生命に関わらない手足は後回しにする。


だから、手足が冷える。

手足が冷える人は、

体温が足りてないよ!!って、

それが体からのヘルプサイン。

体って、本当にすごい。って感動しちゃいました。。



もう10年以上、35℃台で生きてきたMay。

危機感なんて何もなく、今になってあわてて治そうとしております。

風邪1つとっても、低体温の人は風邪やインフルエンザにもかかりやすいみたいです。

だからか・・・・Mayは誰か近くの人が風邪をひくと、

必ず次は自分の番。。ってお決まりでした。

で、面白い様に、その風邪をいただいていました。


今まで、Mayに起こっていた手足の硬直など、

色々な症状はそれぞれ個別の原因があって起こっていたのだと思っていた。



でも、もしそれが低体温という1つの原因から来ていて、

体温を1℃上げることで、色々な病気から身を守れ

今、起こっている症状と縁が切れ、健康な毎日を送れるなら

やっぱり、Mayは普通の体温に戻したいと思います。




PMSから来る吐き気だと思い調べてみたあの瞬間に感謝です。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。